2013年

2月

01日

遠い日の想い出・・・

撮影:中村宏治氏
撮影:中村宏治氏

写真の整理を始めたら懐かしい写真が出てきた。

20数年前、「ナショナルジオグラフィックマガジン」の取材協力を受けた時のものだ。

一緒に写っている方は、Dr. Kenneth Norris と Mr. Flip Nicklin。

ノリス博士は、イルカのエコロケーション能力の可能性を提唱した世界を代表する

鯨類研究者。ニクリン氏は、ナショナルジオグラフィックで海洋写真を撮り続ける、

これまた世界を代表する水中カメラマン。

私は、ニクリン氏こそが世界最高峰のクジラカメラマンだと信じている。

そして、この写真を撮影してくれた方は、これまた驚きの、日本を代表する

水中カメラマンの中村宏治さん。そして2名の若きクジラ研究者(当時)。

お二方は、ナショジオの特集で、日本のイルカ漁業を取材しに来られた。

しかし改めて思えば物凄いメンバーであり、私がここにいる事があまりにも

不釣り合いで滑稽でさえある。数日間のお付き合いではあったが、この時に

両御大から学ばせて頂いたことは、今でも私の中で大切な経験として生き続けている。

ちなみにこの撮影場所は、岩手県・大槌町。イシイルカ漁の拠点となっていた港町だ。

青春時代を過ごしたフィールドも、あの 3.11 で大きな被害を受けてしまった。

あ~この一枚の写真、ホントにいろいろなことを思い出させてくれた。

ちなみに、この時の取材記事は、1992年9月号のナショジオに掲載されている。

北極アラスカ、ポイント・バローにて
北極アラスカ、ポイント・バローにて